歯科口腔外科このページを印刷する - 歯科口腔外科

 歯科口腔外科は、新病院開設に伴い、新規に開設される診療科です。がん患者様など全身麻酔での手術を前提とした患者様の口腔環境を整え、術後の肺炎などの合併症を少なくする周術期口腔機能管理と佐賀県西部地区の歯科口腔外科の拠点病院としての責務を担うために設置されました。

診療内容

歯やあごに関するする病気(歯科口腔外科疾患全般)を取り扱います。
一般的な歯科治療(むし歯や歯周病の治療、義歯の作製等)は行いません。
受診の際には、必ず開業歯科医院の先生からの予約と紹介状が必要です。

主な対応疾患

 開業歯科医院では処置困難な親知らずや埋伏歯の抜歯、心臓病など全身的に疾患を有するリスクの高い患者さんの抜歯、嚢胞摘出術(開窓術)、歯根端切除術、歯、顎の外傷、歯の移植、顎関節症、口腔粘膜疾患、顎変形症、顎に発生する腫瘍性病変などを治療します。

 また、口腔がん術後の咀嚼機能障害を有する患者様の特殊な義歯(顎顔面補綴治療)や脳卒中による嚥下障害のある患者様への舌接触補助床の作製、睡眠時無呼吸症候群で口腔内装置の適応と判断された症例など顎顔面補綴認定医が診査診断して治療に当たります。

 デンタルインプラント(かかりつけ歯科からの依頼がある場合に限ります。保険外治療になります)およびそれに関連する骨移植手術などが可能です。※自費診療にかかる費用はこちらをご覧下さい

 医科で手術や化学療法、放射線治療を行う患者さんの口腔機能管理は、院内での連携に加え、地域の歯科医師会(歯科開業医)と連携を行いながら、医科歯科連携を推進していきます。

ご紹介方法

 新患日は、月~金曜の毎日で午前8:30~10:30に来院していただきます。完全予約制です。 必ずかかりつけ歯科医による事前予約と紹介状をお持ちください。

 初診日に抜歯を希望される方については、あらかじめご予約いただくことにより、初診当日に抜歯することも可能です。だたし全身のリスクが大きい患者さんや外来での局所麻酔での抜歯が困難と判断される症例については、安全のため医科との相談や付き添いの必要性、手術日の変更など考慮して判断させていただきますので、初診当日抜歯できないこ とがあります。初診当日外科処置を希望される場合、特に未成年者やご高齢の患者様につ いては、保護者の付き添いをお願い致します。また、悪性腫瘍等大きな手術が必要な疾患については専門の医療機関に紹介させていただくことがあります。

 急患の受付については、時間内(8:30~17:00)については、対応可能であるか必ずお電話によるご確認をお願い致します。時間外、土日・祝日の急患対応は今のところできませんので、他の医療機関にご連絡ください。

ご紹介いただく医療機関の皆様へ

歯科口腔外科新患予約について

1) 最初に医療機関より直接お電話ください。

【電話予約先】
 独立行政法人国立病院機構嬉野医療センター(代表:0954‐43‐1120)
 歯科口腔外科: 内線1140
 歯科医師: 内線7255
 歯科衛生士: 内線7391
 平日(月~金)の8:30から17:00まで予約電話を受け付けます。

【予約の際に必要な情報】
 患者さんの名前、年齢、紹介理由、受診希望日時など。
2)予約後、紹介患者様事前準備依頼書(当科専用書式をダウンロード)を記入して地域医療連携室にFAX(0120‐473‐489)してください。
 ※ダウンロードできない場合はこちらからFAX差し上げます。
3)患者様には、当科紹介の診療情報提供書兼紹介状(当科専用書式をダウンロード)を記入して持たせてください。患者様にはお薬手帳と供に忘れないよう必ず持参していただくことをご説明ください。

スタッフ紹介

井原

井原 功一郎

歯科口腔外科部長
平成2年卒
専門・所属等
日本口腔外科学会専門医・指導医
日本顎顔面インプラント学会専門医・指導医
日本口腔インプラント学会専門医
日本顎顔面補綴学会認定医
日本口腔ケア学会4級
歯科医師臨床研修指導医
医学博士
1)丁寧な説明と治療をモットーに地域医療に貢献します。
2)周術期口腔ケア・有病者の歯科治療に注力し、医科歯科連携を推進します。
3)歯科インプラント治療・顎顔面補綴治療・顎変形症治療・顎顔面外傷治療などの特殊歯科治療も可能ですのでご相談下さい。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

ダウンロードはこちら