循環器内科このページを印刷する - 循環器内科

 循環器内科では、高血圧や高脂血症などのメタボリック症候群に関連した疾患から、狭心症、心筋梗塞、心不全、弁膜症、心筋症、不整脈といった心臓疾患、さらに末梢血管の閉塞、狭窄に対する治療、2次性の高血圧の原因になっている腎動脈狭窄症に対してのステント治療等にも従事しています。
 動脈硬化は全身の血管の病気であるために、その予防や治療に対して診療を行っています。

診療内容

 検査としては、心電図検査、心臓超音波検査、24時間心電図や心臓を養っている冠動脈の造影検査等を中心に行い、必要に応じて冠動脈の狭窄や閉塞に対する治療である経皮的冠動脈形成術や末梢血管に対するステント留置術、ペースメーカー留置術等を行っています。


 心臓疾患は、昼夜を問わず緊急を要する疾患が多く、迅速に対応するために周辺の開業医の先生と連携して治療を行っています。

スタッフ紹介

スタッフ4人とレジデント1人で診療にあたっています。
 

下村

下村 光洋

循環器内科部長
平成12年卒
専門・所属等
日本循環器学会認定循環器専門医 
日本心血管インターベンション治療学会認定専門医 
日本内科学会認定内科医
「患者様のために」をモットーに貢献させていただきたいと思います。
 

柿本
 

柿本 洋介

循環器内科医師
平成21年卒
専門・所属等
日本内科学会認定内科医
頑張りますので、よろしくお願いします。
 

合力

合力 悠平

循環器内科医師
平成24年卒
専門・所属等
日本内科学会認定内科医
CVIT認定医
頑張ります。よろしくお願い致します。
 

陳

陳 文瀚

循環器内科医師
平成28年卒
専門・所属等
日本内科学会認定内科医
地域の皆さまに貢献したいと思います。
 

田栗

田栗 明奈

循環器内科レジデント
平成30年卒
専門・所属等
地域に貢献できるよう頑張ります。

診療実績

平成28年度

入院患者数 10,238人/年  外来患者数 7,055人/年   平均在院日数 8.9日

CAG 865例, PCI 313例, EVT 35例, EPS 32例
ペースメーカ(ICD,CRT-Pおよび電池交換含む)90例
埋込型心電図ループレコーダー 3例, IVCフィルター留置 9例
PTSMA 1例