循環器内科このページを印刷する - 循環器内科

 心疾患は日本人の死因の第2位となっており、その中でも心不全と心筋梗塞が主な原因となっています。
 佐賀県南西部から長崎県東部の地域の方が地元でも最先端の専門的治療が受けられるように心掛けています。

診療内容

 検査は、心電図、24時間心電図、心臓超音波検査、運動負荷心電図、心臓核医学検査、心臓CT検査、心臓カテーテル検査などを行っています。
 治療は狭心症、心筋梗塞に対して冠動脈インターベンション治療、閉塞性動脈硬化症など末梢血管の狭窄・閉塞に対して末梢血管治療、肺塞栓症や深部静脈血栓などの治療も行います。
 徐脈性不整脈に対してのペースメーカー治療や心房細動・発作性上室頻拍等の不整脈に対してのアブレーション治療も行っています。

 心臓疾患は、昼夜を問わず緊急を要する疾患が多く、迅速に対応すべく、近隣の開業医の先生と連携して治療を行っています。

スタッフ紹介

スタッフ3人とレジデント2人で診療にあたっています。
 

下村

下村 光洋

循環器内科部長
平成12年卒
専門・所属等
日本循環器学会認定循環器専門医 
日本心血管インターベンション治療学会認定専門医 
日本内科学会認定内科医
「患者様のために」をモットーに貢献させていただきたいと思います。
 

柿本
 

柿本 洋介

循環器内科医長
平成21年卒
専門・所属等
日本循環器学会循環器専門医
日本内科学会認定内科医
頑張りますので、よろしくお願いします。
 

合力

合力 悠平

循環器内科医師
平成24年卒
専門・所属等
日本内科学会認定内科医
CVIT認定医
頑張ります。よろしくお願い致します。
 

田栗

田栗 明奈

循環器内科レジデント
平成30年卒
専門・所属等
 
地域に貢献できるよう頑張ります。
 

嘉村

嘉村 朋顕

循環器内科レジデント
平成31年卒
専門・所属等
 
嬉野に貢献できるように、精一杯頑張らせていただきます。

診療実績

令和2年度

入院患者数 1,010名  外来患者数 6,322名   平均在院日数 6.95日
 

【冠動脈疾患】狭心症・急性心筋梗塞など

心臓カテーテル検査(CAG) 680件
経皮冠動脈インターベンション(PCI) 235件
 

【末梢血管疾患】閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄症など

末梢血管治療(EVT) 26件
 

【不整脈治療】心房細動、発作性上室頻拍、徐脈性不整脈など

ペースメーカー(リードレスペースメーカー、電池交換含む) 81件
植込み型除細動器 1例
両心室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D、電池交換含む) 4件
アブレーション治療 54件