研修中及び修了者の声このページを印刷する - 研修中及び修了者の声

1)井上 須磨 先生(令和2年3月31日臨床研修修了)

井上
 佐賀大学卒業後、2年間嬉野医療センターで研修を行いました。

 嬉野医療センターの病院の魅力はなによりアットホームな雰囲気であることだと思います。

  医師をはじめ、コメディカルの方々にも支えられ、無理することなく研修を終えることができました。比較的時間にもゆとりがあって、その分ひとつの症例についてじっくり考えたり、自分のしたい勉強をしたりして、自分のペースをくずすことなく研修ができたのも良かった点です。

 ゆったりとした雰囲気ですが、佐賀県南西部を中心とした地域医療の中核も担っている病院でもあります。実際に研修を行い、地域の方々から信頼されている誇らしい病院だと感じました。興味を持たれた方はぜひ、見学にお越しください。

2)黒木 洋平 先生(令和2年3月31日臨床研修修了)

黒木
 佐賀大学卒業後に嬉野医療センターで2年間の研修をさせて頂きました。

嬉野医療センターは、佐賀県南西部から長崎県一部の地域の医療を担う中核病院です。擦り傷などの軽症からCPAなどの重傷まで、様々な疾患に出会うことができます。

 比較的自由なカリキュラムで、自分のやりたいことを見つけることができます。指導医の先生方も理解があり、指導熱心な先生が多いため、自分のやりたいことを尊重してくれる環境が整っています。また各診療科の垣根が低いので、ローテートを行っている診療科以外の先生からも指導を受けることができ、非常に恵まれた環境の中で研修を行うことができます。

 この2年間はとても勉強になり、私生活も充実したものとなりました。もし研修先として当院を考えている方は、一度病院を見学に来ていただけたらと思います。

3)山下 翔太 先生(令和2年3月31日臨床研修修了)

山下
 私は佐賀大学を卒業後、嬉野医療センターで2年間の初期研修をしました。

 もっと規模の大きい研修病院もありますが、このサイズだからこそ、良かったと思う点が多くあります。例えば、いろいろな先生に自分の気になる症例について質問することができます。研修医の間は色々な科をローテートするため、このような環境はとてもありがたかったです。

 研修自体は基本的に各科1人でローテーションするため、同期と症例や手技などを奪い合うことはなく、その時期に来た症例は自分の症例として消化することができます。また、柔軟なカリキュラムも特色だと思います。やりたいことに応じて、ローテーションの組み直しの対応もしていただけたり、長崎医療センターや佐賀大学、長崎大学など関連病院での研修も希望すればできたりします。

 また、学会発表の場を頂けるのもよかったです。毎年、国立病院機構の学会があり、研修医は全員参加で、発表もあります。最初は資料の作り方もわかりませんが、それもサポートしていただけるのでとても心強かったです。発表の後には参加者全体での飲み会があったりと、勉強だけでなく楽しむ機会も豊富です。

 短くまとめるのは難しいですがこの病院で研修してよかったと思える2年間でした。興味のある方は1度病院見学にきてみてはいかがでしょうか? 

4)長妻 剛司 先生(令和2年3月31日臨床研修修了)

長妻
 2年間嬉野医療センターで研修をさせていただきました。

 当院の研修の特徴は、研修プログラムが自由に組めるところです。もちろん、必須の科を除外することはできませんが、それ以外は最大限の考慮をしていただけます。

 私の場合、基幹型研修ではありますが、他の病院もローテさせていただきましたし、当初、1ヶ月しか回る予定がなかった診療科を、もっと深く研修したかったため2ヶ月に延長してもらったりしました。

 また、先生方との距離も近く、担当患者に関して悩んだ時に、様々な科の先生に助言をいただくことができます。この点に関しては、かなり助かりました!

 もちろん良いところばかりではありません。よくも悪くも当院があるのは佐賀県南西部の小さな街です。飲みに行ったら顔と名前も覚えてくれるアットホームないい所ですが、たまには都会に行って買い物とかしたいってのが正直な所です。でも大丈夫です!嬉野からは高速バス1本で福岡、長崎に出ることができます。頻繁に行くことはできませんが、ローテしている科の特徴や、先生にあらかじめ報告しておけば概ね大丈夫です。

 新病院となり、宿舎も綺麗になった嬉野医療センターで研修してみてはいかがでしょうか。

5)德永 直紀 先生(令和2年3月31日臨床研修修了)

徳永
 当院での研修はあっという間でした。素晴らしい研修を積むことができます。 何より、様々な面でバランスが取れています。手技と勉強、教育と自立、上級医の先生方やスタッフとの関係、厳しさと優しさ…などなど。

 田舎の病院ではありますが、症例数や手技的なことに不足はありません。地域の中核病院であり、最後の砦という役割を担っていますので。救急車やドクヘリも次々と来ます。特に新病院になってからはさらに多い気がします。 温泉街にある特権で、ホテルや旅館で入浴付き飲み会もよくあります。

 医局は全科同じ空間に先生方の机がありますので、先生方とのコミュニケーションは密に取りやすい。また、看護師さんやスタッフの方々も親切な方達ばかりなので0から色々と教えてもらえます。

 マイペースでやれます。やる気があればどこまででもやらせてもらえますし、ゆっくりやりたい方にはその人に合ったペースで研修できます。

 研修病院を迷っている方には是非、嬉野医療センターでの研修をお勧めいたします。