新人看護師紹介このページを印刷する - 新人看護師紹介

今年もフレッシュな新人看護師が入職しました

新人看護職員として迎え、1ヶ月が経とうとしております。
辞令交付の初日は、緊張した表情でしたが、各職場で先輩がウエルカムボードを作成し、少しでも早く職場に溶け込めるようサポートしています。
臨床では緊張する場面もありますが、専門職業人として責任を感じながら、一歩一歩成長しています。
集合写真
各病棟ではwelcomeボードを作成し新人を、あたたかく受け入れています。
welcome
4月から5月は看護技術研修を毎週金曜日に行っています。

採血・血糖測定
輸液ポンプ・シリンジポンプ

看護方式:パートナーシップ・ナーシングシステム(PNS)

2018年11月より5つの病棟でPNS導入となり、現在はすべての病棟でPNSを運用しています。

PNS:パートナーシップ・ナーシング・システムとは。。。。

 看護師が安全で質の高い看護を提供することを目的とし、2人の看護師が良きパートナーとして、対等な立場で、お互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合う看護提供方式です。

 看護の現場において、新人看護師からは「先輩看護師とパートナーを組むことで、技術面の指導を得たり自信のないところを相談したりできます」「コミニュケーションをとることが増えました」などの声がきかれています。

 パートナーシップマインド(相手を信頼する・尊重する・相手を思いやる心)を大切にしながら、看護を実践しています。
PNS

6月から教育夜勤が開始されました

 新人看護師の不安には、「夜勤は看護師の人数が少ない中で患者が急変して対応できるのか」「今度の夜勤から、フォローが外れてひとり立ち。どうしよう……」等の声が聞かれていました。

 その不安を出来るだけ軽減するため、RRSグループが企画している、BLS研修や各病棟では急変時デモンストレーションを行っています。また、安心して新人看護師が夜勤に入れるように、チェックシート活用してお互い(先輩・新人)共有しています。

新人看護師紹介6月1
新人看護師紹介6月2

6/24 ストレスマネジメント研修を行いました

 PNS体制で、支援、指導を受けながら看護業務に努めているなか、看護師としての責任、業務量の多さ、患者やスタッフとの人間関係の構築に悩みや葛藤が出てくる時期でもあります。また、教育夜勤を開始しており、不安や緊張感が高まり疲労感やストレスがあるのではないかと思います。

 今回の研修は、当院の佐藤臨床心理士よりストレスマネジメントについて講義をおねがいしました。

新人看護師紹介6/14

 研修後にグループワークを行いました。今の自分の状況を相手に伝える事で、他の人も同じような思いや悩みを持っていることがわかり、安心した様子でした。人との関りを通して自己理解を深め、ストレスマネジメントが出来るようになって欲しいと思います。